寝起きの口臭の原因について

朝起きた時にご自身でも口臭を感じることがないでしょうか。寝起きの状態で口の中がカラカラに渇いていたり、ネバネバと嫌な感じがすることがあります。

これは就寝中には唾液の分泌量が減ることが関係しているようです。唾液は口の中の細菌の働きを抑えてくれる作用がありますので、唾液の分泌量が減る就寝中は乾燥して細菌が繁殖しやすいのです。夜寝る前にしっかりと歯磨きをして食べ物のカスなどを取り除いておかないと、口の中の細菌の働きを活発にしてしまいます。またアルコールを摂取し過ぎると、それを分解するために多くの水分を使用しますので、唾液の分泌が減ってしまう就寝中に口臭を強くしてしまう可能性があるようです。

朝起きた時は、特に口腔内の細菌が活発になっていますのでうがいをすることが大切です。また口の中の乾燥対策としてコップ一杯の水を飲むことが効果的だとされています。

舌の付け根や上などにたまった汚れを取り除くために、舌専用のブラッシングを利用するのも効果的です。効果的な口臭対策をする事が非常に重要な事なのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>